そろばんは何歳から始めたほうがいいの?その効果は?

スポンサーリンク

そろばんとは?

現在はデジタルの電卓やパソコンが普及して、なかなか使う機会はありませんが、以前は銀行や事務職ではそろばんが使えることが必須といわれていた、昔から使われている計算補助器具です。 今でも小学校の学習指導要綱の必修項目になっているように、そろばんをやることによって様々ないい効果があるとされていて、また再度注目されてきています。そろばん

スポンサーリンク

そろばんは何歳から始めたほうがいいの?

年齢は何歳から始めても問題ないと思いますが、一般的には幼稚園から小学生低学年から始める人が多いそうです。小さいころから始めたほうが脳の発達にいいといわれているので、個人差はありますが普通に数字を数えれるようになれば、早く始めるに越したことはないと思います。

そろばんをやることによる効果は?

暗算に強くなる 

実際に仕事などでそろばんを使う機会は少ないと思いますが、実生活に役立つこと点は、そろばんをやっている人は頭の中にそろばんの珠がイメージできるので、暗算や計算が早くなります。

右脳の発達が科学的に証明されている。 

脳は一般的な生活では、基本的に左脳が使われていますがそろばんは頭の中でイメージして計算できるようになるので、右脳が活性化して脳をバランスよく使えるようになるといわれています。

 集中力がつく

基本的にそろばんはそろばん教室に通って勉強すると思います。嫌でもまわりでそろばんの珠をはじく音が入ってくるので、そういった環境で自分のペースで勉強し続けることによって自然と集中力がついていきます。 学生時代にテストや受験でまわりの字を書く音でに焦ってしまったりした経験があると思いますが、そろばん教室では常にこのような環境で勉強するので集中力が鍛えられ、そろばん関係なくそういう状況で集中力を乱さない力を身に着けられると思います。

記憶力がつく 

そろばんは右脳が活性化されるのですが、右脳に蓄積された記憶は長期間失われないといわれています。東大や京大生の80%がそろばん経験者というデータもあるみたいなので、記憶力を鍛える為にそろばんをするのも効果があると思います。

 想像力がつく

想像力やヒラメキの力も右脳がつかさどっているといわれているので、小さいうちから右脳を鍛えておくことによって、想像力をつけるのに役立つと思います。

脳の活性化に役立つ 

指先を動かすので小さいうちだけではなく、高齢者にも脳の機能の改善に効果があるといわれています。

情報処理能力がつく

瞬時に多くの数字を正確に読み取って、くりかえし計算していくことによって、数字に強くなるだけではなく、文字や様々な情報を処理する能力が身に付きます。

そろばん塾はどのくらい通えばいいの? 

そろばん塾のシステムによって、違いはあると思いますが、そらばんは繰り返し練習することが必要なので、上の級を取りたいのであれば最低でも週2回は通う必要があると思います。

 そろばん塾の選び方は?

1番は近所の人に評判を聞くのがいいと思います。それができない場合は実際は家から通える範囲だと思うので選択肢は限られてくるのでホームページがあればそこを確認して、検定試験の実績や大会の成績から判断するのがよさそうです。

そろばんの効果まとめ 

将来そろばんを実際に使う機会は少ないと思いますが、小さいうちに習っておくことによって身に付く効果はたくさんあると思います。 子供の能力をバランスよく鍛えられるので、子供にさせるにはおすすめの習い事です。

スポンサーリンク